kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

「まあ いっか!」何でも前向きになる魔法の口ぐせで気にしない気にしない

   

nanntokanarusa_1

今回は多くの人が心の中で、悩まされ続けている「マイナス感情」の簡単な処理方法をお伝えします。

それが「まあ いっか!」という言葉です。 このだれでも知っている簡単な言葉が、無用なマイナス感情を撃退する魔法の言葉になるのです。

スポンサーリンク


なにか嫌なことがあったら「まあ いっか!」と受け流そう。

学校や職場で辛いことや嫌なことがると、私たちはすぐにネガティブな感情に支配されてしまいます。

たとえば職場でミスや失敗をして上司にひどく叱られたり、あるいは信頼している人に裏切られたりすると、直ぐに心が沈み、あっという間にマイナス感情に支配されてしまいます。

「 ちくしょう! 俺の責任じゃないのに、ふざけんじゃねえぞ! 」
「 あんなに信頼していたのに裏切るなんて、悲しい酷すぎる   」

このような怒り、悲しみ、不安とういうようなネガティブな感情は、一度発動するとなかなか収まらないどころか、マイナス感情の連鎖をおこして夜も眠れないということも起こります。

問題に対して冷静な分析をして反省することは大事ですが、過ぎてしまったことや、どうにもならないことをクヨクヨ悩むのは、あまりにも不毛です。

そんな時に、圧倒的な力を発揮する魔法の言葉が「まあ いっか!」です。嫌なことがあって、モヤモヤとした感情が沸き上がろうとしたその瞬間に、

「まあ いっか!」
「なんとかなるさ。」

とつぶやいてみてください、声を出せない環境なら心の中で呟いてください。するとどうでしょう。これから燃え上ろうとしていた「マイナス感情」は、不意を突かれてその言葉の力(言霊の力)で嘘のように鎮火してしまいます。

別の言い方をすれば、ストレスの発生の初期段階でストレスを抑えることが出来るということです。

言葉の力は侮れません。感情と言葉には相関関係があります。 感情によって言葉は作られ、また言葉によって感情は作られるのです。

だから嫌なことがあったら、嫌な感情が沸き上がる前に魔法の言葉をつぶやきましょう。

「まあ いっか!」
「なんとかなるさ」

そして、この言葉が反射的に出るように、口癖にしちゃいましょう。

スポンサーリンク


「まあ いっか!」の正しい使い方(乱用注意)

「まあ いっか!」という言葉は、人を楽天的にする魔法の言葉であるのですが、強力なゆえに間違った使い方で乱用すると副作用があります。

使用するのは人間関係における活動において、不要なネガティブな感情をストップさせるこ時に限定する事です。

例えば「勉強する」とか「仕事を納期に間に合わせる」などのポジティブな行為に対して、面倒くさいから「まあ いっか」では、ただ、努力できないものぐさな人間を作るだけです。

よくあることですが、全てにおいて楽天的に考える人は、悩みは少ないですが成長はしにくいという傾向があるのです。

あくまでも不毛なネガティブな感情処理として使いましょう。そうすることであなたは、これまでよりもずっと生きやすく、心の平和を保つことになるでしょう。

スポンサーリンク

 - ストレス解消, 人間関係, 名言, 悩みの解決