kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

『なんとしても、どうにか したい 』という強い思いが成功を引き寄せる

   

tuyoiomoi_1

成功を手にできる人の共通点って何だろう。お金か学力か、やはり天賦の才能だろうか。それともその全部なのでだろうか?いやいや、そんなことはない。歴史上、恵まれない不遇な状況で育っても不屈の精神で努力して成功を手にした偉人はたくさんいる。

黄金のルールがあるとすれば、それは『なんとしても、どうにか したい 』という強い思いだけが成功を引き寄せるのだ。

スポンサーリンク


成功者の共通点は、常に強い思いを抱き続けることである

なんとしても二階に上がりたい。
どうしても2階に上がろう。
この熱意がハシゴを思いつかせ、
階段をつくりあげる。
ーーー パナソニック創業者 松下幸之助 ---

松下幸之助さんは、経営の神様ともいわれた人物であり、言わずと知れた天下のパナソニックを一代で築いた経営者です。松下幸之助さんは、熱意と情熱の人でした。そして成功の第一条件として「熱意」を上げていたそうです。

経営者は特に強い熱意が必要であり、その熱意が知恵を生んで成功を引き寄せると考えていました。まさに「2階に上がりたい」という強い思いがあるからこそ、「ハシゴを作る」という知恵が生れたのでです。

スポンサーリンク


最後にひと言

「熱意」とか「強い思い」とか、すこし使い古した言葉と感じる人もいるでしょうが、昔から多くの人が支持している強い言葉でもあります。

「引き寄せの法則」が大きなブームになり、いまだに多くの人の心を掴んでいるのは、『強い思いがあれば夢が叶う』という真実への強い期待の表れでもあるでしょう。

しかし、「強い思い」をもって生きるというのは、そう簡単な事ではありません。しかし、それが成功への道である以上は私たちは「強い思い」をもって生きることから逃げてはならないのです。

最後にもう一度言わせてください。『なんとしても、どうにか したい 』という強い思いをもって、夢や目標に邁進していきましょう。

スポンサーリンク

 - 名言, 幸福論