kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

あなたは怒りを抑えることが出来るか?感情コントロールチェック!

      2017/04/11

ikari_1

人間のいちばん厄介なものは、内部から湧き上がる感情です。怒り、嫉妬、ねたみ、憎悪など突き上げてくる感情に心は大揺れになります。この感情のコントロールが上手くできない人ほど他人に迷惑をかけ、問題児のレッテルを張られることになります。次の心理テストはあなたの感情のコントロール能力をチェックするためのものです。まずは素直な気持ちでチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク


あなた感情コントロール能力は?次の心理テストをやってみよう!

次の簡単なテストであなたの感情のコントロール能力をチェックしてみましょう。以下の設問でもっとも自分に当てはまる解答に○をつけてください。

1.列に並んで待つのがきらいで、イライラしてくる。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)2.なんでも1番になろうと一生懸命努力する。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)

3.交通事情で車を停めなくてはならなくなると腹が立つ。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)

4.自分が欲しいものがあると何としても手に入れようとする。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)

5.イライラしている時に、ドアを粗っぽく締めたり、物を壊したりすることがある。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)

6.周りがまじめに仕事をしないとイライラする。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)

7.自分が腹を立てているときに他人に八つ当たりしたくなる。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)

8.ここまでやろうと思っていたことが出来ないと頭にくる。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)

9.怒っていると歩くスピードや食べるスピードが速くなる。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)

10自分を怒らせた相手はそう簡単に許せない。
(a.めったにない b.ときどきある C.よくある)

~採点結果~

aを1点、bを2点、cを3点として、合計点を計算します。得点が高い人ほど感情押さえられない傾向が強いという指標です。

いかがでしたか?

■ 10~15点 : 気持ちが大らかで安定している。ほとんど感情に左右されない。

■ 16~23点 : 標準的な感情コントロールが出来ている。大きな問題はない。

■ 24~30点: 強いプレッシャーを感じていて、刺激に敏感に反応しすぎる。内部の感情に翻弄されている。一度肩の力を抜いてリラックスしよう。

スポンサーリンク


最後に一言

必要以上にものごとに敏感に反応しすぎていると、ストレスの餌食となり身心のバランスを崩すことになります。楽観的に生きること、心をいかに平穏に保つことが、病気から逃れ幸福に生きるための鍵になります。

過剰反応してしまったり感情に左右されやすい人は趣味を持つ、運動の習慣を作る、瞑想をするなどして心をリラックスする習慣を身につけるようにしましょう。

スポンサーリンク

 - 心理テスト, 自分を知る