kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

あなたは自分のことがどのくらいわかる?【自分を知る心理テスト】

      2017/04/11

jibunnwosiru_1

あなたは自分のことがどのくらい分かりますか? 良く知っているはずの自分のことを意外に知らないのが自分自身だったりします。まずは、頭を空っぽにして次の心理テストをやってみましょう。

スポンサーリンク


自分を知る心理テストをやってみる!

自分を知るための心理テストです。まずはあまり考えずに素直に自分に当てはまる答えに〇をつけましょう。

1.理由があるならば、警備員やドアマンの前を無言で通りすぎることが出来る。(はい いいえ)

2.割り込み行為は絶対にしない。 (はい いいえ)

3.お金を払わずに映画館に入ることが可能ならそうする。 (はい いいえ)

4.自分を怒らせた人には仕返しをしてもいいと思う。 (はい いいえ)

5.買った商品に請求漏れがあったとしても、店員には言わない。 ( はい いいえ)

6.他人に罪をなすりつけようなどとは、全く思わない。 (はい いいえ)

7.何か知らないことがあったら、それを隠さないで素直に認める。 (はい いいえ)

8.どんな時でも正直物でありたいと思う。 (はい いいえ)

9.私は偏見が少ない方だと思う(はい いいえ)

10.家庭でもレストランにいるときのようにマナーがいい。 (はい いいえ)

~採点結果~

以下の答えを1点として、合計点を計算します。

①いいえ  ②はい ③いいえ ④いいえ  ⑤いいえ  ⑥はい
⑦はい   ⑧はい ⑨はい  ⑩はい

いかがでしたか?

■ 0~4点 :人から良く思われたい気持ちがほとんどなく、他人の気持ちに左右されることがない。自分は特別な存在であるという思いが強く、社会に無理に適用しようとは思わない。またそんな自分に酔いしれるナルシスト傾向がある。

■ 5~8点 :人から良く見られたいという気持ちは平均的なレベルである。普段の自分を人に見せようとする。精神的に非常に安定していて、自分の長所も短所も客観的に見ることが出来る。

■ 9~10点 :必要以上に自分を良く見せようとして必死になる。素の自分を出すことに恐怖を感じる。この範囲の人は、強い劣等感に悩まされている可能性が大きい。

スポンサーリンク


最後に1言

この心理テストは、人に自分のことを良く見せようとする気持ちの強さを図るテストです。このテストは少し変わっています。 通常は得点の多い方が良かったりとか、得点の低い方が良かったりでした。しかし、今回のテストは得点の低い方か高い方ということではなく、中間の得点ゾーンが良いと評価されます。

つまり、「人に自分のことを良く見せよう」という心は過剰にありすぎてもダメで、また、まるっきり無くてもダメということです。理想とするのは偏らない中道の気持ちです。

スポンサーリンク

 - 心理テスト, 心理学etc, 自分を知る