kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

できない理由を探すな!夢を掴む人は出きる方法を考える!

      2017/04/11

koko85_karaborutwint_tp_v

夢を持ってもすぐにあきらめてしまう人は、できない理由を探す人です。その反対に夢をあきらめないで成功する人は、出きる方法を考える人です。しかし、多くの人は出きない理由を探して夢をあきらめてしまいます。

あなたはどちらの人ですか? もし、あなたが多数派の「できない理由を探す人」なら、なんとか少数派の「出きる方法を考える人」になる方法を今回、考えて見ましょう。

スポンサーリンク


出きない理由を探す多くの人たちと出きる方法を探す一握りの人たち

多くの人が心の内に一度は大きな夢を持つものです。しかし、ほとんどの人は何の行動も起こさないであきらめてしまいます。そして勇気をもって一歩行動した人たちのみに、夢を掴むチャンスが与えられれます。

そしてその中でも、立ちはだかる困難な壁を前にして最後まであきらめずにひるまずに「できる方法」を探しつづけるほんの一握りの人が夢を掴むのです。夢破れる人は最初から、あるいはどこかの過程で「できない理由」を探してしまった人たちです。

なぜ夢や目標を前にして、できない理由を探してしまうのか?

夢を抱いて空想するのは簡単ですが、現実に夢を実現するには、物凄い努力とエネルギーを傾ける必要があります。そしてそこには当然、それ相応の困難や苦しみがあります。人間は元来、苦しいことや面倒くさいことが大嫌いな生き物です。そのため苦しみを避けて楽な方に逃げてしまう傾向があります。

夢を求めるよりも目先の快楽を選んでしまうのです。簡単な理屈ですがこれが根本的な原因です。しかし、自分の弱い心に負けたことを認めたくないので、適当な言い訳をするのです。これが「できない理由」です。

出きない理由として「確率」を出してはいけない

よく夢を語る時に「確率」を出してくる人がいますが、このような人はまず、夢を実現できないでしょう。夢を確率で論じてはいけないのです。例えば、ネットでよくこのような質問があります。
「 私はプロの声優になるのが夢なのですが、なれる確率はどのくらいでしょうか?」

声優は若い人に絶大な人気があります。昨今のアニメブームもあって、いわば憧れの職業です。夢のある華やかな職業ですが、なることは極めて難しいと言えるでしょう。

統計として声優志望者は30万人と推定されています。そして現在、プロの声優として食べていける人は300人程度だそうです。単純に計算すれば0.1%以下ということになります。

さてどうでしょう。0.1%と聞いてやる気が起きるでしょうか? ほとんどの人はあきらめるでしょう。確率で夢を判断したら夢をあきらめざるを得ません。確率はあたかも正当に見える「できない理由」なのです。

でも、考えてもみてください。メジャーリーガーを夢見る野球少年や、オリンピックで金メダルを目指すフィギアスケートの少女が、金メダルを取れる確率を考えるでしょうか?

ナンセンスですよね。しかも確率なんてものは相対的なものです。夢を抱いていても具体的な行動を起こす人は1割に満たないでしょう。これはあなたが夢のために1歩ふみ出すだけで、確率は10倍になることを示しています。

また、夢に向かって努力すればするほど相対的に確率はどんどん上がっていきます。努力の量と夢が実現する確率は比例しています。結局、努力し続ける人が勝利するのです。もちろん、真剣に夢に向かって努力する人は確率など気にするはずもありません。

最後まで「できる方法を考える人」になるには

夢や目標は、最後まであきらめないで「できる方法考える人」になれれば必ず達成できます。しかし、現実はなかなか難しいもので、一歩踏みだして夢に向かって走り出すといくつもの問題や壁があなたの前に立ち塞がります。

時には、その大きな壁の前で自分の無力さを実感して、呆然と立ち尽くすかもしれません。あるいは自信を打ち砕かれて、意気消沈するかもしれません。

このピンチの時、つまり困難な壁の前に立った時にどう考えるかで決まります。夢をつかむ人は、問題をポジティブに捉えます。あるいは最初はネガティブになっても必ずポジティブに変換します。

できないのは当たり前、そこからどうするかが大切

「できる方法を考える人」は、壁や問題があるのは当たり前と考えます。当たり前のことが起きているのだから、別に意気消沈することもありませんし自信を失うこともありません。

すぐに頭の中では、どうしたらできるのかを考え始めます。つまり、心はネガティブにならずにポジティブに次の行動に移行できるのです。

ここが重要です。ネガティブな感情は膨大な心のエネルギーを消費します。気力も体力さえも失われ脳のパフォーマンス力は決定的に落ちます。ネガティブな感情に支配される時間が長いほど夢の実現は難しくなると言っていいでしょう。

壁や問題、失敗を当たり前のこととして受け入れることが大切なのです。それが出来れば立ち止まることもありません。挫折することもありません。つねにできる方法を考えることにフォーカスして、夢に向かって前進することができるのです。

スポンサーリンク


人間がすでに出きていることなら基本的に不可能ではない

ナポレオンの言葉に「余の辞書に不可能の文字はない」という有名な言葉があります。ポジティブの極限のような言葉ですが、一歩譲っても他の人間が出来ていることなら不可能ではないと考えることができれば、未来は明るいでしょう。

少なくても、超能力者になるとか、火星に生きたいとかいう突拍子のない夢でないかぎり、あなたの夢をあきらめる必要はありません。出来ない理由を探すのはやめましょう。あなたの夢をあきらめないで、出来る方法を考える人になりましょう。

スポンサーリンク

 - 心理学etc, 悩みの解決