kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

人生は天気のようなもの!心がどしゃぶりの日もある!晴れてばかりじゃつまらない

      2017/05/15

dosyaburi_1

休みの日、朝起きたら天気が良いと気持ちがいい。心も晴れ晴れ、散歩でもしようかという気分にもなる。やはり天気は晴れが一番だ。

しかし、どうだろう。もし、天気に晴れしか存在しなかったら。ちょっと想像しただけでも恐ろしい。 もう異常気象どころではないだろう。地球は生命の存在しない死の惑星になっている。

まあ、そんなことはありえませんが。命の惑星である地球は、晴れもあれば、雨もあれば、風も吹けば、嵐もあれば、ときには竜巻もあって、全てがバランスよく地球の気象環境を支えているのですよね。

人間だって同じ、良いことばかりじゃつまらない、つらいことがあって、困難がって、その先に楽しさがあるから、人生は面白いのです。

スポンサーリンク


天候に逆らうのは愚かな事。人生も同じでは

そもそも天気には良いも悪いもありません。たとえば、雨はみんな嫌いますが、農家にとっては恵みの雨でもあります。雪は北国の人にとっては雪かきが大変ですが、スキー場にとっては死活問題です。

風や波は漁船や後悔する船にとっては、危険にもなりますが、サーファーにとっては無くてはならないものですし、風力発電や波力発電は人類の未来エネルギーを担う大切なものです。

雨も風も波もどんな気象も人間にとって必要なものなのです。だから天候に逆らうことは無意味であり、その必要もありません。雨であろうが、晴れであろうが、抗わずにそれぞれ楽しめばよいのです。

人生もこれ然りです。無駄な抵抗はやめて、良いことも嫌なことも、天候を受け容れようにあるがままを受け容れることです。

「こうあるべきだ」という利己的な気持ちを排除して、あるがままの現実を見ていくという意識に立った時に、人生に対する考え方がガラリと変わります。あらゆるもの存在が、肯定されて興味深い対象に見えてくる事でしょう。

スポンサーリンク


最後にひと言

天気を受け容れるように、人生に対しても無駄な抵抗をやめて、あるがままの現実を受け取るようになると、プレッシャーや不安がどーんと軽減されていきます。その反対に前に進むポイティブエネルギーは、どんどんと強化されて行くことでしょう。

スポンサーリンク

 - 心理学etc, 悩みの解決