kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

恋人との温度差を感じるなら、まずは親密度をチェックしてみよう!

      2017/04/11

koibitosinnmitu_1

もし、あなたが恋人との間に温度差を感じているなら、お互いの価値観や二人の愛情のスタイルに変化が生じているのかもしれません。そしてパートナーとの間に親密さや、深い理解が失われてきた可能性もあります。まずは冷静になって自己分析してみましょう。

次に紹介するのは2人の親密度を客観的に評価する心理テストです。パートナーのことを思い浮かべながら答えてみてください。

スポンサーリンク


あなたと恋人の現在の親密度をチェックしてみましょう。?心理テストで確認!

あなたと恋人の親密度を調べるテストです。自分にあてはまる答えに○をつけてください

1.余暇にどのくらいの時間、恋日と過ごしますか?
( a.あまり一緒にいない  b.短時間  c.長時間 )

2.恋人が深い感情を私と分かち合ってくれないのがとても悲しい。
( a.あまり感じない  b.少し感じる  c.とても感じる )

3.恋人が落ち込んでいるときは、支えて、励ましている。
( a.あまりない  b.時々ある  c.よくある )

4.恋人とは親密な関係だと思う。
( a.あまり思わない  b.少しある  c.とても思う )

5.2人きりでどのくらいの時間を過ごしますか?
( a.あまり過ごさない  b.短時間  c.長時間 )

6.恋人に対しては態度で愛情を示すことが大切だと思う。
( a.あまり思わない  b.時々思う  c.とても思う )

7.恋人のいちばん奥底にある気持ちを
( a.あまり理解していない  b.少し理解している  c.とてもよく理解している)

8.恋人に対してどのくらい愛情を示していますか。
( a.あまり示さない  b.少し示す  c.とてもよく示す )

9.お互いの意見の不一致は二人にとって
( a.大した問題ではない  b.少しダメージ  c.大きなダメージ )

10.2人の関係について。
( a.あまり満足していない  b.やや満足  c.とても満足 )

11.口論が2日以上続くことがある。
( a.よくある  b.時々ある  c.あまりない )

12.激しいいけんかをすると、体の具合が悪くなることがある。
( a.ほとんどない  b.時々ある  c.あまりない )

~採点結果~

aは1点 bは2点 cは3点として合計算出する。

■ 27点以下 : 恋人との親密度はかなり低いと言える。だからとって、必ずしもどちらかが不満を持っているとは限らない。両者がそれほどの親密性を求めていない場合もある。しかし、どちらかが親密になろうと希望しているのら、それが上手く相手に伝わっていない可能性がある。

■ 28~32点 :平均的な親密さである。

■ 33点以上 : とても親密で深い関係を維持している。しかし、一つ気をつけたいことはお互いの気持ちが強すぎて、無視されただけでも酷く傷つくことになる

いかがでしたか?

自分の思った通りの結果がでたでしょうか? 低得点(27点以下)をとってしまった人は、2人の関係はかなり希薄になっている可能性があります。少し冷静になってから、もう一度二人の関係についてじっくり考えて見ましょう。

スポンサーリンク


最後に一言

好きになって恋人ができると、それだけで人生がばら色に見えますが、本当はスタート地点に立っただけのことです。2人のお互いの愛情と信頼を確かめ合い、絆を深めていく道のりはまだまだ遠い道のりです。

そしてその間に価値観の違いや考え方の違いから二人の間で温度差を感じることもしばしあるでしょう。しかし、それを乗り越えるにはお互いの理解と相手を思いやり、時には許すこともできる寛容さが求められるでしょう。

スポンサーリンク

 - 心理テスト