kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

根拠のない自信を持つことが人生の成功を引き寄せる鍵だ!

      2017/04/11

jisinn_1

成功者には多くの共通点がありますが、その中でも私が最も注目しているのが「根拠のない自信」です。根拠のない自信は人が夢や目標に向かうときに、強力なPOWERエンジンとなってゴールに導いてくれる力となります。今回はこの根拠のない自信を持つことの重要性や、どうしたら持てるかについての方法論についてお話します。

スポンサーリンク


根拠のない自信は無敵である

根拠のない自信は、ある意味無敵と言っていいでしょう。物事を実行しようとする時に、あるいは夢や目標を持った時に、無条件に「 自分はやれる 」という判断を自分で下していることになります。

つまり、スタート時点で自分の成功を信じているということです。これは第三者に「 おまえは出来る 」と言われるよりも何十倍も力があります。何といっても自分で自分自信に太鼓判を押している訳ですから、これほど心強いことはありません。

根拠のない自信はネガティブな感情を排除できる

人が夢や目標に向かって努力しようとする時に、その妨害力として働くのがネガティブな感情です。「私には難しいのではないか」「とても不安だ」などという感情が押し寄せることによって行動を断念させてしまうのです。しかし、根拠のない自信を持つ人は、このネガティブな感情がほとんど沸き上がりません。素直に自分の成功を信じてやまないのです。

根拠のない自信は『 引き寄せの法則 』を使っている

根拠のない自信の無敵さを裏付ける一つに『 引き寄せの法則 』と同じ力を使っていると思われることがあります。引き寄せの法則は、簡単に説明すると「 自分の思いや思考がその現実を引き寄せる 」ということです。

引き寄せるという言い方が意味を分かりにくくしていますが、ようは「 現実になる 」という意味です。根拠のない自信も、「自分はできる」という思いが、行動をかきたてて目標を達成するわけですから、全く同じことですよね。

根拠のない自信はどこから生まれるのか

根拠のない自信はどこから生まれるのでしょう。「 理由は分からないが出来る気がする 」という感覚は、おそらくその人の性格と過去の経験から来るものだと思います。アドラー心理学によれば人間の性格(ライフスタイル)は、生まれてから11歳くらいまでに決まると考えられています。

この時期に愛情をたっぷり注いでもらった人は、自分は必要とされているんだという自己肯定感の強い子供に育ちます。自己肯定感が強いと自分に対して自信がもてるので、大人になるまでの成長の過程でも小さな成功体験を積み重ねていき、それが自分に対する自信を深めていきます。そしていつしか「根拠のない自信」が自分のライフスタイルに組み込まれるのです。

しかし、不幸にも周りから愛情を貰わずに育った子供は、「 自分は愛されていない、必要とされていないんだ 」と感じながら育つことになります。すると自己肯定感は低くなり、大人への成長過程でさらにその傾向が強くなります。そして、「 根拠もなく自信がない 」というライフスタイルを作ってしまうことになります。それでは、とにかく自分に自信が持てない人が、根拠のない自信を持てるようにするにはどうしたら良いのでしょう。

スポンサーリンク


根拠のない自信を身につける方法がこれだ!

これまでの説明で、根拠のない自信はその人のライフスタイル(性格)に起因していることが分かったと思います。ということはライフスタイルを変えることが出来れば、根拠のない自信を持つことができるようになるわけです。

ライフスタイル(性格)は変えられる

はたしてライフスタイルを変えることは出来るのでしょうか。フロイトやユングの原因論的な考えでは、なかなか変えることは難しいというスタンスですが、アドラーの目的論ではライフスタイルはいつでも変えられるという立場です。

しかも、アドラー心理学はアメリカで大きな支持を得ているだけでなく、日本でも大ブームを起こしている今や心理学のスタンダードです。アドラー心理学では、過去のトラウマや経験はその人のライフスタイルに限定的な影響はありますが、最終的な決定権は自分にあるという考えです。

例えば幼少期に親に無視されたり、暴力を振られたりした経験があった場合、暗い屈折した性格になる子供もいれば、親を反面教師として明るくやさしい子供として成長する場合もあります。つまり、どんな恵まれない環境にあっても、それに影響されるかどうかの選択は自分の意思で選べるということなのです。つまりライフスタイルは、自分の意思で変えることが出来るのです。

それではライフスタイルをどう変えていけばいいのでしょう。それは根拠のない自信の裏付けとなっている「自己肯定感」を高めることです。そして自己肯定感を高めるということは、「 自分を好きになる 」ということでもあります。

<根拠のない自信を持つためのライフスタイルの変更>

自己肯定感を高める(自己肯定感が低いーーーー>自己肯定感が高い)
自分を好きになる (自分の事が嫌いーーーーー>自分の事が好き )

根拠のない自信を持つためには小さな成功を積み上げること

最終的に根拠のない自信を自分のものとするには「 自己肯定感を高めて自分を好きになること 」が必要となります。そしてそのためには、成功体験を地道に積み上げることです。

成功体験といっても大それたものでなく、今日は筋トレ2時間するとか、3時間勉強するとか、毎日の小さな目標の成功体験で十分です。その積み重ねが自分にゆるぎない自信を植え付けていくのです。目の前の小さな目標に集中して、小さな成功体験を継続すること、それを体感していくことで根拠のない自信が形づけられていくのです。

スポンサーリンク

 - アドラー心理学, 心理学etc