kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

毎日をやる気まんまんにするための唯一の心理テクニック!

      2017/04/11

yaruki_3

人生で多くの人々が些細なことでやる気を失い、大切な人生を無駄に消費してしまいます。やる気が出ないのは想像力の欠如が原因です。もっと想像力を働かせましょう。今回は想像力を働かせてやる気を出すための唯一の心理テクニックの紹介です。

スポンサーリンク


人生は思ったより短い!想像力を働かせてやる気を出そう!

人生は平均で80年、もし、大きな病気や事故に巻き込まれてしまったら寿命を待たずして天国に召されることになります。私たちは明日もどうなるか分からない身なのですから、やる気をもって毎日を大切に生きたいものです。今回の記事では想像力を発揮してやる気を出すための、唯一の心理テクニックを紹介します。

想像してみよう!もしあなたがあと1時間しか生きられなかったら!

想像してください。
高速道路であなたの車がスリップして、大型トラックと衝突!。 あなたの体は車から投げ出され、車は大破して道路中央に横たわってピクリとも動かないあなたを見物人がのぞき込んで「死んでいるぞ」と叫んでいます。あなたは、まだ意識はありますが、もうすぐ命が尽きることを理解しています。さて、あなたはこの時、何を考えるでしょう。

多くの人が死の間際に人生を振り返り、後悔の念を抱くそうです。
「 ああ、死ぬ前にあれをやっておけばよかた。 」
「 夢をあきらめなければよかった。      」
「 大事な人にもっと愛していることを伝えれば良かった 」・・・・

このように、死を前にすると本当にやりたかったことをやらなかった後悔や、大切な人を大切にしなかった後悔にさいなまれ、それまで大事だと思っていた、銀行口座の残高やパートナーや恋人への不満などは、くだらないことに思えるのです。そして勇気をもってやる気を出して、やりたいことに挑戦することが、いかに大切なことかを知ることになります。

さて、どうでしょうか? ここまでリアルに自分の死を想像できるらば、あなたは本当のやりたいことを理解して「やる気まんまん」になっていることでしょう。

スポンサーリンク


最後にひとこと

自分の死をリアルに想像すると、自分にとって本当に大切なものが見えてきます。そして生きていること自体に感謝して、くだらないことに心を奪われなくなります。そして勇気をもってチャレンジできることへの喜びを感じるのです。

スポンサーリンク

 - 心理学etc, 自分を知る