kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

涙を流すのは悲しいから?それとも人の心を動かすためなのか

      2017/04/11

goukyuu_1

人は悲しい時に涙を流します。しかし、それ以外の目的のために涙を武器として利用することがあります。これは本人があきらかに意識的に、戦略的に使う場合もありますが、ほとんどは無意識に行われます。今回は悲しみや、感動という感情の結果である涙を、相手に対する責め、同情や注目、最後には、意のままに操るために使用する人間の心理についてです。

スポンサーリンク


人は自分の目的のために感情を利用する

アドラー心理学では、「 人間の全ての行動には目的がある 」があるといいます。(目的論)  そして感情が人を突き動かすのではなく、「 目的のために感情を使用する 」と考えます。(使用の心理学)

涙の目的は、悲しみの表現として使用されますが、時には自分の利益のために悪用することあります。それは涙によって人の同情を集めることや、理不尽な相手に対する怒りや、攻撃、復讐であったりします。

また、同情してくれる人を利用して、意のままに操ろうと企てる場合があります。そしてこれらの戦略が成功すると、成功パターンとして記憶としされ、本人の自覚あるなしにかかわらず繰り返されることになります。

スポンサーリンク


号泣会見で有名な野々村元県議の涙の例

号泣議員として有名になった元県議の野々村氏が、釈明記者会見でした号泣シーンは日本中、いや世界中が度肝を抜かれました。彼の疑惑に対する訳の分からない言い訳よりも、圧倒的な号泣姿に全てを持っていかれた感じです。あのシーンは多くの人がテレビで見たと思いますが、話しながら、これ以上説明が難しいとみるや、あの物凄い泣きに転じて、終わらそうとする意図がありありでした。

本人が意識的に演じたのか、無意識にやったことなのかは分かりませんが、その目的は、「 釈明が難しいので、何とかごまかして乗り切りたい。泣いて同情を買いたい」といったところでしょう。

野々村氏は、マザコンで小さいころから、自分が窮地に陥ると発作的な行動を起こしていたそうなので、もしかしたら号泣会見も昔からの記憶パターンだったかも知れませんね

スポンサーリンク

 - アドラー心理学, 心理学etc