kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

深刻にならないで真剣に生きる!【いちばん幸せになる生き方】

   

sinnkokuninaranai_1

人生には苦痛がともないます。この苦痛をできるだけ減らすには、どんな物事に対しても「深刻にならない」という態度をとることです。

ただし、深刻にならない生き方には。一方で「真剣に生きる」という態度もあわせもつ必要があります。

今回はなぜ「深刻にならないで真剣に生きる」ことが、人生の苦痛をなくして幸せになる生き方として、筆者が推薦するのかをお話したいと思います。

スポンサーリンク


人生の問題に対して深刻にならないという態度が自分を守る

人生が苦しく辛いものになる背景には、その人の考えが悲観論に支配されているという現実があります。もっと分かりやすく言えば、人生全般について深刻になり過ぎているということです。

人生に起こる殆んどの悩みや苦しみは、自分で悲観的に考えることで自ら作っているのです。深刻にならない、楽観的に生きることは不要な苦しみから解放される確実な手段であり、自分を守る方法でもあるのです。

スポンサーリンク


深刻にならないで真剣に生きるとは

「深刻にならない」という生き方は、ベストチョイスな生き方であるには違いありませんが、1つ課題があります。それは、「深刻にならない」を軽く考えるとか、適当でいいというような誤った解釈になる可能性があるからです。

そうなると心の負担は軽くなりますが、問題は一向に解決しないということになりかねません。そこで登場するのが「真剣に生きる」というワードです。

「深刻にならない」という受け止め方は、マイナス感情を生まない方法としてはベストです。しかし、そこから前向きに生きる感じがありません。そこで、自分にこう言い聞かせるのです。

私は、
深刻にはならないが、
真剣に生きる
ーー 筆者ーー

この言葉には、マイナス感情を抑える効果とポジテイブな感情を発動する効果があります。なにか悩みや問題が発生した時は、この言葉を口癖のように自分に言い聞かせましょう。 マイナス感情に支配されずに、前向きに生きるために。

スポンサーリンク

 - ストレス解消, 幸福論, 悩みの解決