kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

目的のために手段を選ばず!あなたのマキャベリ的傾向をチェック

      2017/04/11

mokutekineko_1

他人を説得するにはある程度の戦略が必要になってくる。それは物心がついた子供が欲しいものを母親にねだる時も、お金をだまし取ろうとする詐欺師にも言える。

大きな成功を収めるには人を説得する力、自分が望むことを他人にやってもらう力が必要だ。次の心理テストは人を操る能力、あなたのあなたのマキャベリ的傾向をチェックするものです。

スポンサーリンク


あなたのマキャベリ的傾向はどのくらい?心理テストで確認!

このテストはあなたの母キャベリ的傾向を調べるテストです。自分の意見に近い答えに〇をつけてください。

1.口論を避けるために、罪のない嘘をつくのは悪いことではない。
( はい  いいえ )

2.小さいころはクラスのボス的な存在だった。
( はい  いいえ )

3.成功した人は気高く立派で、正直な生活をしている。
( はい  いいえ )

4.すべてのルールを守っていたら出世できない。
( はい  いいえ )

5.法律に違反する人と違反しない人の違いは違反者が捕まらないための知恵がないだけだ。
( はい  いいえ )

6.自分の利益のために有力にごまをするのは賢いやり方だ。
( はい  いいえ )

7.「今この瞬間にも、騙されやすいカモが生れている。」 という言葉は正しい。
( はい  いいえ )

8.この厳しい生存競争の激しい社会では、出世するためには道理に違反しない限りなんでも許される。
( はい  いいえ )

9.ほとんどの人は勇気を持っている。
( はい  いいえ )

10.何かの役に立つのでなければ、ある行動の本当の理由は隠すべきである。
( はい  いいえ )

~採点する~

3と9が「いいえ」、あとは「はい」を1点として合計算出する。

■ 3点以下 : 他人を意のままに操ろうとするマキャベリ的傾向は少ない。和を大切にして、他の人の見解を歓迎する。自分のアイデアや目標を追求している時にも、人の意見に流されるところがる。

■ 4~6点 :人を操る力としては平均的レベル。自分のアイデアを主張するが、相手の意見を抑え込んだり、操ろうとするほどではない。

■ 7点以上 :マキャベリ的傾向がかなり強い。あなたのとっては社会的な善悪の概念はあまり関係ない。他人の力は借りずに自分だけで考えて、他人に従うのを極端に嫌う。その性格ゆえに、一見クールでよそよそしく感じる。

いかがでしたか?

自分の思った通りの結果がでたでしょうか?

スポンサーリンク


最後にひとこと

このテストで高得点(7点以上)をとった人は、マキャベリ的傾向が強く、他人を意のままにあやつる能力にたけていると思われる。

成功するには、他人を動かす能力は不可欠であるが、しかし、その反面でマキャベリ的傾向が強すぎると、独裁的になってしまうので注意が必要である。

逆に低得点(3点以下)の人は、自分の意見を主張できずに、人の言動に流されやすい。これはマキャベリ的傾向が弱すぎるのである。結局、どちらがいいのだろうか?悩ましい問題でもある。

スポンサーリンク

 - 心理テスト