kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

絶望の扉の向こうに希望がある!【新しい自分に生まれ変わるチャンス】

   

zetuboutokibou_1
絶望とは、
希望を全く失うこと。
望みが絶えること。
-- goo 辞書 --

誰でも様々な問題で、将来に全く希望を持てなくなり絶望することがあります。 それは受験の失敗だったり、失恋だったり、事業の失敗だったりと色々です。

しかし、
「そんな絶望という苦しみのどん底にある時こそ、新しい自分に生まれ変わるチャンスである。」
というメッセージをこの記事に託したいと思います。

スポンサーリンク


まずは、亀井勝一郎の名言から

自己に絶望し、
自己を否定しながら、
第二の自己を形成していく。
絶望とは「生まれ変わる」ための
陣痛にほかなりません。絶望こそ、精神が
形成つつあることの
最大の証明と言ってよく、
人間の特質がここにこそ
あらわれるのです。絶望したことのない人間は、
言うまでもなく落第であります。
-- 亀井勝一郎『愛の無常について』から --

どうでしょうか。すごく励まされませんか。絶望という極めて苦しい状態を肯定してくれています。そして絶望こそ、新しい自分を作るための過程であると勇気をもって宣言しているのです。

いま、絶望に陥っている人は、是非この名言をかみしめて勇気と元気をチャージして欲しいですね。

スポンサーリンク


絶望から希望が生まれる理由

では、どうして絶望の扉の向こうに、新しい自分が生まれる希望が存在するというのでしょうか。その論理的考察をここから始めたいと思います。

絶望は「もう万策が尽きた」ということを理解した状態である

絶望は「もう万策が尽きた」ということを理解した状態です。絶望とは自分にはどうしようもないと観念した状態です。それは「 The End 」を悟った状態といえるでしょう。

ゲームでいえば「ゲームオーバー」です。もう、

「リセットして新しくやり始めるしかないのです。」

いや、言い方が間違っていました。

「リセットして新しくやり始めることが可能となるのです。」

そうなんです。絶望(ゲームオーバー)したからこそ、リセットして希望(ゲーム再開)ができるのです。

つまり、絶望の扉の向こうに希望があるがるのです。

但し、絶望を受け入れるか受け入れないかで明暗が分かれる

しかし、絶望の扉の前に立った時に一つの審判があります。

「それは絶望を受け入れているかどうか?」

です。

もし、絶望を受け入れていなければ、いつまでも現在の問題に執着することになります。それでは現状のリセットボタンを押すことが出来ません。

そうなれば、どうしようもない問題に翻弄され、ただただ苦しむ無間地獄です。

例えば失恋による悲劇です。 たまに芸能界での不倫や失恋による女性タレントの自殺報道がされることがあります。燃えるような恋をした場合は、失恋した時の喪失感から絶望を感じて、最悪の場合は自殺を決断する人もいます。

しかし、そこで一歩踏みとどまり、失恋という事実を受け入れたなら未来は開けていたはずです。時がたてば新たな恋が始まり、そして結婚して幸せな家庭を築いていたかもしれないのです。

絶望は受け入れてこそリセットが可能になり、新しい希望に向かっていくことが出来るのです。

スポンサーリンク


どんな絶望と思われる状況でも希望は持てる。

絶望と希望は表裏一体です。
絶望があるから希望もあるのです。
希望があるから絶望があるのです。
-- 筆者 --

たとえば苦しみがあるから喜びがあるのです。 もし、人間に苦しみという概念がなければ喜びという概念も生まれません。つまり絶望があるから希望が生まれるのです。

だから今絶望で苦しんでいる人に伝えたいのです。

いまこそ、新しい自分に生まれ変わるチャンスなんだ!って

スポンサーリンク

 - 名言, 幸福論, 悩みの解決