kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

自分に自信をつけるには仏教の教え「衆生本来仏なり」を学ぶべし

      2017/04/11

hotoke_1

自分に自信を持つことによって、ほとんどの問題は乗り切れることが出来ます。自信をつけることの大切さは自己啓発や哲学の本などに必ずと言っていいほど書かれています。そして、周りの人からは「大丈夫出来るから、自信をもって」と言われたりします。

しかし、自分に自信を持ちたいと一番思っているのは当人であり、それを分かっていても、どうにもこうにも自信を持てないのです。自信がない人は、自信をもちたいと思いながら自己否定を繰り返してしまうのです。仏教には「衆生本来仏なり」というとても重要な教えがあります。これは仏教の核となる教えで、これを少しでも理解しただけでも、自信を持つことが出来るようになるでしょう。

スポンサーリンク


「衆生本来仏なり」とはどんな意味

「衆生本来仏なり」は、江戸時代の臨済宗の禅僧である白隠慧鶴(はくいんえかく)によって書かれた座禅和讃(ざぜんわさん)に記されています。まずその冒頭の部分を紹介します。

衆生本来仏なり
水と氷の如くにて
水を離れて氷なく
衆生の他に仏なし

~ 座禅和讃 冒頭部分 ~

<解説>
全ての迷える人々は、本当はもとから仏なのです。
それはまるで水と氷のような関係で、
水がないと氷が出来ないように、
私たち抜きでは、仏はありえないのです。

私たちの一般的な理解では、仏さまは人智を超えた神様みたいなもので、あくまでも私たちが崇拝してあがめる存在だと思っています。しかし、仏教の神髄は仏はすでに人間の心の中に仏性として本来、内在しているものであると説いています。

本来が仏である私たちは、そのままで完璧な存在なのですが、煩悩という妄想が邪魔して正しく見ることが出来ないでいるのです。つまり、私たちは努力して妄想を断ち切っていけば、本来の姿である仏に戻れるのです。

スポンサーリンク


私たちに内在するのは完璧である仏なのだから、絶対的な自信をもとう

人間の心の中に仏としての存在があると言われたのは、白隠慧鶴だけではありません。仏教の開祖であるお釈迦さまも言われたことです。人類の歴史のなかでも燦然と輝く、大天才宗教家である釈尊が保証しているのですから、私たちも自分のことに絶対的自信をもっても罰は当たらないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 - 心理学etc, 自分を知る