kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

自己ファースト!自分のために自分を大切にするための3つの方法

   

jibunntaisetu_1

「自分のことを大切にする」のは良く考えれば当たり前のことですが、この当たり前のことがなかなかできません。多くの人が、自分で自分の心を傷つけてしまいます。 ほんとうは、心の奥の奥では自分のことが大好きなのに。

今回はいい意味での自己ファースト、自分を大切にする3つの方法を紹介します。

スポンサーリンク


1.自己を肯定する

自分を大切に出来ない人は、間違いなく自己肯定感の低い人です。裏を返せば自己否定している人です。

「 どうせ、俺(私)なんか..... 」
「 できるわけない... 」
「 無理にきまってる... 」
「 情けない自分が嫌いでしかたない.... 」

このような自己否定のマイナス感情にいつも囚われていると「自分なんか、どうなってもいいんだ。」という自暴自棄に陥ってしまいます。

自分に不尊の感情を抱き続けるのはとても精神的に苦しいことです。 もし、自分がその状態にあるのを感じたら速やかに自尊心を育てて、自己肯定感を高める必要があるでしょう。

スポンサーリンク


自尊心を育てて、自己肯定感を高める方法

自己肯定感を高めるためには、自尊心を持つ必要があります。心の中で、

「俺って凄いじゃん! 」
「私って頑張ってるな。」
「もしかして、自分のことが好きかも」

このような心の声が聞こえるようならなければいけません。 そのための心理的な対策を2つ紹介します。

まず1つ目は「あるがままの現在の自分を受け入れること」です。

自己否定している人は、自分自身と敵対しているのです。 本当は寄り添って励ましてくれる一番の味方であるはずの自分が自分を攻撃しているのです。

もし、あなたの目の前に精神的に病んでいる無二の親友がいたらどうしますか?
「 君は情けない人だ。 精神的に弱すぎる」などと言って、突き放すことが出来ますか?

いやいや、大好きな親友だったら絶対にそんなことはしませんよね。 むしろ彼の悩みも弱さも全て受け入れて、やさしく励ますはずです。なぜなら、あなたは彼の一番の親友であり、一番の味方なのですから。

あなたは親友に心を開き、全て受け入れてやさしさく寄り添った、その行為を自分自身にも向けるのです。それが、「あるがままの現在の自分を受け入れること」です。

 

そして2つ目は、「自分にある無限の可能性を信じること」です。

自分自身をあるがままに受けいれることが出来ると、自分に対する感覚が変わってきます。どんな自分であっても、とてもいとおしく感じるようになるのです。

その時点で自分への劣等感はかなり少なくなります。 そして自分自身を縛り付けていた縄がほどけたような自由な気持ちになるでしょう。

そして自在感というか、「もしかしたら自分は何でもできるかも知れない」というワクワク感がでてきます。これは自分を縛り付けているマイナス観念の縛りから解放されつつあることを物語っています。

そうなんです。 自己否定する人は、もろもろのマイナス観念、つまり思い込みに支配されていたのです。

このネガティブな思い込みが、今の耐えがたい自分と現実を作っていたのです。
そしてあなたが、次にすることは

「自分にある無限の可能性を信じること」

です。

ここまでくればあなたはしっかりとした高い「自己肯定感」を持つことが出来るでしょう。

スポンサーリンク


2.ライフスタイル(性格・考え方)は変えることができることを知る

アドラー心理学では、現在のあなたとあなたの環境を作っているのは、全てあなたのライフスタイルによるものであると説明しています。

ライフスタイルは幼少期に受けた親や周りの大人からの影響を受けて形成されます。良い環境で育てば良いのですが、暴力、いじめ、無視、否定などのネガティブな環境で育つと、誤ったネガティブなライフスタイルが出来上がってしまいます。

しかし、これは子供のころに植え付けられた間違った思込みにすぎません。
だから決して、
「自分は無価値な人間だ」と思ってはいけません。

ライフスタイルは変えられるとアドラーも断言しています。 自分を受け入れて自尊心を高めて、パワーのあるライフスタイルに上書きしちゃいましょう。

スポンサーリンク


3.自分の能力を全開にしていこう

人間には無限の能力が眠っていて、開花されるのを待っています。 もし、あなたが自分には何の才能もないと感じているなら、それは「マイナス観念」という思い込みによって完全に封印されてしまっているからです。

過去はどうかとか関係ありません。 いつでも遅すぎることはありません。常に今から頑張ればいいのです。自分の得意なことを再認識して、さらに磨いていきましょう。また、自分が好きだと感じた新しいものにドンドン挑戦していきましょう。

挑戦し続ける人にとって人生は、ディズニーランドで遊んでいるようなワクワク感で満ちています。しかし、何もしない人にとっての人生は監獄の独房にいるようなものです。 そこにあるのは闇と恐怖のみです。

自分を大切にする人は、自分の成長のために挑戦し続ける人です。

記事のまとめ

<自己ファースト!自分のために自分を大切にするための3つの方法>

1.自己を肯定する。
①。自尊心を育てて、自己肯定感を高める方法
●.あるがままの現在の自分を受け入れること。
●.自分にある無限の可能性を信じること。

2.ライフスタイル(性格・考え方)は変えることができることを知る。
3.自分の能力を全開にしていこう。

スポンサーリンク

 - アドラー心理学, 幸福論, 悩みの解決, 自分を知る