kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

自己否定だけはやめてくれ!自己肯定をして自分を上げる方法

      2017/04/11

jikohitei_1

あなたは自分のことが好きですか、それとも嫌いですか? もし、あなたが自分のことを嫌いと答えたなら、あなたは自己否定の人です。自己否定は人生のあらゆる面で、暗い影を落とします。放置したままにすれば人格に悪い影響を与えるだけでなく、精神的な病気にもなりかねません。

自己否定の人は早急に自分のライフスタイル(性格)を自己肯定のライフスタイルに書き換えましょう。アドラー心理学のアドラーは言っています。ライフスタイルはいつでも変えられる、いつだって遅すぎるということはないと。

スポンサーリンク


自己否定の人のライフスタイルの特徴

自己否定する人は、そのライフスタイルに偏った特徴が存在します、その特徴を次にあげていきたいと思います。

自己否定は防衛本能からくる現実逃避のあらわれ

自己否定は、悩みや問題から身動きできなくなった時に精神的な防衛本能として、現実逃避するために自己否定するという側面があります。自分がダメな人間だから出来ないということに理由づけしてしまえば、問題と向き合うことをやめられます。

つまり、自己否定することにより現実逃避することが出来るのです。しかし、そのつけは自肯定感の欠落という致命的な副作用をともなって、さらに自分を苦しめることになるのです。

自己否定する人は完璧主義者が多い

自己否定する人は、完璧主義者の人が多いのが特徴です。物事を0か100で考える傾向が強く、100を目指しますがそれが出来ないなら、0でいいやと考えてしまいます。そもそも完璧には出来るはずがないので、すぐに落胆して、何もやらなくなってしまうのです。

他人と比較する人は自己否定に陥りやすい

なんでもすぐに他人と比較してしまう人がいますが、こういう人は自己否定になりやすい人です。何故ならどんなに頑張ってみても自分より優れている人はいくらでもいますから、いつになっても劣等感からくる自己否定から解放されることはありません。

自己否定する人は自分のことが嫌い

自己否定する人は100%自分のことが嫌いです。いつも自分のネガティブな面にフォーカスして頭を痛めて、自分を責め続けていますから自分の事を好きになれるはずがないのです。

自己否定する習慣は、何1つ人生に良いことはありません。それどころかその人の人生をネガティブな方向に導いてしまいます。出来るだけ早くその習慣をあらためて、その対極にある「 自己肯定感 」を高める習慣を身につけていきましょう。

スポンサーリンク


この方法で自己肯定感を高めていこう

自己否定の習慣を修正するには、あらたに「 自己肯定感 」を高める習慣を身につけてライフスタイルを書き換える必要があります。それでは次に自己肯定感を高めていく方法について紹介します。

1.毎日の目標を掲げて、寝る前にできたことを声を出して確認する

自己肯定感を高めるには、成功体験を積み重ねて自分に自信をつける必要があります。毎日、その日の小さな目標を挙げて、寝る前に出来たことを声に出して確認しましょう。この時に目標のハードルを上げ過ぎないことが重要です。

無理しないでも達成できる目標にしましょう。難しすぎて達成できない目標ではかえって逆効果になってしまいます。肝心なことは毎日の小さな成功体験を積み上げていくことです。

2.ネガティブな思考が浮かんだら紙に書いてポジティブに訳してみる。

頭に浮かんだネガティブな思考や感情は、自己否定につながります。そのまま放置しないで、ことばにして紙かノートに書きだしましょう。そしてそれをポジティブなことばに翻訳して書き換えましょう。

この行為によって、ネガティブな思考や感情がポジティブなものに変換されていきます。専用の「 ネガー>ポジ変換ノート 」を作成すればさらに効果的になります。

例:
ネガティブ発言 「 ああ、今日は本当に疲れた。明日は休みたい 」
↓(変換)
ポジティブ発言 「 ああ、今日は頑張ったなあ。明日も頑張るぞ 」

3.自分を褒める

自己否定する人は1日のうちの相当な時間を費やして、自分を心の中で攻め続けています。これを止める手っ取り早い方法が、自分を褒めることです。責める習慣が身についているために最初は精神的に抵抗があると思います。

しかし、あくまでも心の習慣ですので、根気よく自分を褒めるということを継続すれば、習慣は修正できます。ポイントはどんな些細なことでも自分を褒めることです。

<自分を褒める習慣をつける>
「 今日はよく頑張ったな俺。 上出来だよ! お疲れさん。 明日も上手くいくよ 」

4.自分の好きな事や得意な事にフォーカスする

同じ努力をするなら自分の好きなことや、得意なことにフォーカスして頑張るべきです。なぜならその方が上達も速いし、継続していくこともできます。そして何よりも自分に自信がつきます。

まとめ

それではここで、自己肯定感を高める方法についてまとめて見ます。

<自己肯定感を高める方法のまとめ>

  1. 毎日の目標を掲げて、寝る前にできたことを声を出して確認する
  2. ネガティブな思考が浮かんだら紙に書いてポジティブに訳してみる。
  3. 自分を褒める
  4. 自分の好きな事や得意な事にフォーカスする

人間のライフスタイル(性格)は、あくまでも心の習慣ですので、あらたな心の習慣で塗り替えることによって必ず変わります。自己否定する習慣はあまりに辛すぎます。ぜひとも、自己肯定感を高める習慣を身につけて自分を好きになりましょう。

スポンサーリンク

 - 心理学etc, 性格, 悩みの解決