kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

自意識過剰の治し方が分からい人のための目からろこの対策3つ

   

sisennwokanjiru_1
「外出すると他人の視線が気になって仕方がない」
「人前で話すと緊張して上手く話せない」
「相手に気を遣い過ぎて、ぎこちない会話になってしまう」
「会議では緊張して自分の意見が言えない。 手が震える」

上記のような症状がある人は、自意識過剰になっている人です。 自意識過剰の人は、コミュニケーションの全般について、不安や苦しさを感じているはずです。

そしてどうにかして、自意識過剰を治したいと思っています。 自意識過剰の原因は心理的な問題です。そこで今回は、自意識過剰を改善するための、目からうろこの対策を3つ紹介します。

スポンサーリンク


1.「あなたが思うほど他人はあなたのことを気にしていない」という事実。

「あなたが思うほど他人はあなたのことを気にしていない」

まさにこれが真実なのです。
この真実こそ、筆者が自意識過剰で苦しんでいる人たちに、いちばんに伝えたい事実です。

もともと人間は自分のことに強い関心があって、他人にはさほど関心がないのです。そんな他人の顔色を伺って生きるなんて馬鹿らしいと思いませんか。

自意識過剰の人は、独り相撲をしているだけなのです。そもそもよっぽどのスキャンダルでもないかぎり、人は関心をもちません。

「あなたが思うほど他人はあなたのことを気にしていない」この真実をしっかりと認識しましょう。

2.自分に自信をもつ(小さな成功体験の積み重ね)

自意識過剰の根本的原因は自分に自信がないことです。 この一言に尽きます。 自分に自信をもてれば他人の評価など気になりません。

ましてや他人の顔色や視線が気になるなんてことは全くありえないことです。 少しずつでいいので自分に自信をつけていきましょう。

自信をつけるには、成功体験を重ねることです。 それも大それた成功体験である必要は全くありません。例えば、毎日ジョギングを20分するとか、語学の勉強を2時間するとか、どんなことでもいいのです。

毎日、小さくて前向きな目標を設定して、それをクリアーしていくのです。 そんな小さな成功体験でも継続していくと大きな自信につながります。

考えるより実行です。今日からスタートしていきましょう。

スポンサーリンク


3.好きな事に没頭する(今を生きる)

好きな事を見つけて没頭することは、心を明るくし、自分に自信をつけることにもなります。

また、好きなことに集中することは「今を生きる」ことでもあります。今を生きるパワーにはあらゆるネガティブなマイナス感情を撃退する力があります。

他人には他人の人生があり、あなたにはあなたの人生があるのです。 あなたの好きな事をに集中しましょう。 それであなたの自意識過剰は過去のものとなるでしょう。

この記事のまとめ

<自意識過剰の治し方が分からい人のための目からろこの対策3つ>

1.あなたが思うほど他人はあなたのことを気にしていない」という事実。
2.自分に自信をもつ(小さな成功体験の積み重ね)。
3.好きな事に没頭する(今を生きる)

スポンサーリンク

 - 人間関係, 悩みの解決, 自分を知る