kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

(逆転力_感想1)国民的アイドル指原莉乃さんから学ぶ逆転の発想力!

      2017/04/21

odoroki_1

AKB48と言えば今や日本の芸能界を引っ張る国民的アイドルグループです。その中でもAKB総選挙2年連続1位となるなど、圧倒的な人気でAKB48のトップに君臨するアイドルが指原莉乃さんです。

しかし、そんな指原さんも中学時代はイジメにあって引きこもりの生活を余儀なくされていました。しかし、そこから這い上がり、AKB48のオーディションに合格してからは、ピンチをチャンスに生かす逆転の発想力で数々の試練を乗り越えて、現在の地位を築いたのです。

今回は指原さんの名著、「逆転力」の読後感想をベースに指原莉乃さんの逆転の発想力に迫りたいと思います。

スポンサーリンク


1.引きこもりからアイドルへ_逆転力の原体験

指原さんが人生で最初に逆転力を発揮したのは、中学3年の時です。指原さんの性格は今でこそ活発でおしゃべりでお調子者というイメージですが、子供のころはおとなしく目立つことが嫌いな子供だったそうです。

そのせいか分かりませんが中学2年生の時にいじめられたことをきっかけに、不登校から引きこもりになったそうです。そして中学3年の進学を決める時に、彼女は一つの決断をします。それはAKB48のオーディションを受けることです。

目立つことの嫌いな引きこもり状態の中3の少女が、アイドルグループのオーディションを受けることなどありえない話です。これが、彼女の逆転力の発動第一弾でした。

指原さんは、小さいころから生粋のアイドルオタクでした。そして中3のころにはアイドルになるのは無理でも、ステージに上がってみたいという夢を抱いていました。

また現状のつらい状態から逃れるには、思い切って居場所を変えるしかないという発想がありました。そこで思い切って決断した結論が「引きこもりからアイドルになる」というとんでもない逆転の発想だったのです。

<筆者の感想1>
彼女の「引きこもりからアイドルへの転身」という決断は驚くべきものですが、当時、引きこもりという最悪の状態からそのような行動がとれたのでしょう。そこには大いに学ぶべきことがあります。まず、たとえ現在がいかにネガティブな状況にあっても、その現状を覆すことができるという真実です。そして、それを実行するために必要なものは才能ではなく、指原さんのような「逆転の発想力」と一歩踏み出すための「勇気」であるという事です。

スポンサーリンク


2.アイドル人生最大のピンチと逆転の思考法

指原さんは、アイドルになるとその逆転の発想力と行動力でどんどんアイドルとしての頭角を現してきます。そして2012年のAKB総選挙で第4位にまで上り詰めていきました。しかし、そのころにアイドル人生最大のピンチが訪れたのです。

とある週刊誌に指原さんが研究生時代に恋愛をしていたという記事が載りました。AKB48グループには恋愛禁止という鉄のルールが存在しています。このルールを破ることはアイドルとして致命的でした。

指原さんは当時を振り返り、目の前が真っ暗になって芸能界を引退することも考えたと話しています。そしてプロデューサー秋元康さんの出した結論は、まだ1期生しかいない結成してまもないHKT48への移籍でした。不祥事があったといえ、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった指原さんにとっては、完全な降格人事と言えるでしょう。

秋元さんからは「貢献しなさい」と言われたそうです。そして、指原さんこのように考えました。48グループのルールを破ってしまった私が、皆さんに許してもらえるにはグループ全体に貢献していくことしかない。結成まもないHKT48を盛りあげていけば、確実に48全体に貢献することになる。

しかもこのまま48グループに残ったとしても、自分の人気が上がることはないだろう。むしろHKT48に移って頑張る方が、だんぜん面白いと考えたのです。

「一生懸命探せば、ラッキーってどこにでも見つかる」と彼女はいいます。

HKT48に移籍した指原さんは、すぐにグループに溶け込んで、リーダーとして一生懸命に頑張りました。そのおかげもあり、HKT48は知名度も人気もどんどん盛り上がっていきます。

そして、2013年度の移籍後初の総選挙ではなんと、前年度の4位から1位に大躍進したのです。そして多くのファンが「さっしーがHKT48のために頑張ってることが分かるから1票いれるね。」と言ってくれました。

まさに、彼女のピンチをチャンスに変える逆転の発想が、アイドル人生最大のピンチを乗り越える以上の結果を出した瞬間でした。

<筆者の感想2>

指原さんの言葉の中で、もっとも印象的なことば次のことばです。

「一生懸命探せば、ラッキーってどこにでも見つかる!」

指原さんのこの究極の楽天的発想こそが、逆転の発想と行動力の原点でしょう。この考え方があるからこそ、どんな逆境にも飛び込んでいける勇気を見出せるのだと思うのです。

「一生懸命探せば、ラッキーってどこにでも見つかる!」という言葉は、どなたにもお勧めできる「座右の銘」と言えるでしょう。

スポンサーリンク


最後にひと言

さっしーの逆転力、恐るべしですね。さっし―の人生はサプライズの連続ですね。人生を変えるにはその時の環境や性格は関係ありません。

たとえどんな状況であろうと発想力と一歩踏み出す勇気があれば、新しい未来の扉が開かれるのです。そんな希望を私たちに指原さんはプレゼントしてくれたのです。まだまだ、さっしーには学ぶことがたくさんあるので、別の機会に記事にしていきたいと思いますのでお楽しみに。

スポンサーリンク

 - 名言, 心理学etc, 読書感想