Warning: Use of undefined constant ‘bcn_display’ - assumed '‘bcn_display’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kmerc/kazuosite.com/public_html/wp-content/plugins/header-footer/plugin.php(341) : eval()'d code on line 4

kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

今この瞬間の自分の思いが未来を変える!【原因と結果の法則】

   

恐らく殆んどの人が信じていると思われる原理原則に「原因と結果の法則」があります。因果の法則ともいいますが、全てのものごとは原因と結果から成り立っているという意味です。

同名のタイトルの世界的名著、ジェームズ・アレンの『原因と結果の法則』は、歴史上最も多い読者を獲得してきたと言われています。

それだけ、大衆に分かりやすく体験的にも腑に落ちる内容だからでしょう。 もし、あなたが今の自分の現状に不満があるのなら、今の結果をもたらした過去に原因があるからです。

スポンサーリンク


宇宙は原因と結果の法則に支配されている

ジェームズ・アレンは自著である「原因と結果の法則」の中で、次のように語っています。

私たちの存在する宇宙には、
ある一定の法則が働いている。
それは、心の中で生まれた「思い」が
現実となって現れる
「原因と結果の法則」である。
--- ジェームズ・アレン(原因と結果の法則)より

なんらかの結果がもたらされるには、その原因となった行動があるはずです。そしてその行動の原因となったものは、その人の「思い」です。

「人間の思い」--->「行動する」--->「結果が生まれる」

人間の「思い」が行動を起こして、その結果を生むのです。 簡単に言ってしまえば
人間の「思い」が「現実」を作っているという事です。

スポンサーリンク


良い結果をもたらすために、思いをコントロールする

原因となる思いがあって結果が起こる。 この順番は宇宙の法則ですので絶対に変えられません。つまり、結果が先に来て後から原因が来ることはないという事です。

そうであるならば、「幸福になりたい、今の自分を変えたい」という気持ちがある人は「原因」となる自分の「思い」に注目しましょう。

過去の思い(原因)はすでに終わってしまっているので変えることは出来ませんが、未来の自分を変えるために、今この瞬間から原因となる自分の「思い」をコントロールすることは出来ます。

結果はあなたの「思い」にふさわしいものと必ずなりますので、良い結果をもたらすためには、自分の心をポジティブで綺麗な「思い」で満たすことが大切です。 

逆にネガティブで邪悪な「思い」で心を満たせば、それ相応の結果が待っていることを覚悟しなければなりません。

スポンサーリンク

 - 夢や目標の実現, 幸福論