kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

人生のあらゆる問題は人間関係の悩みである【アドラーのメッセージ】

      2017/04/11

ningenkankei_1

アドラーは人間の抱える全ての悩みは、対人関係の悩みであると言い切っています。たしかに人間関係の悩みが多くを占めていることは誰もが認めるところでしょう。しかし、人間のなやみは多種多様です。

若い人なら身長が低いとか、体形が気にになるとか、顔の美醜とか中年の人なら薄毛が悩みなど、対人関係以外にも身体的悩みなどいくらでもありそうですよね。それでは何故そう言い切れるのか。今回は人間の悩みの根源に迫りたいと思います。

スポンサーリンク


人間が抱える問題や悩みの原因となっているものとは

アドラーは人が抱える全ての悩みや問題は、対人関係を離れて存在できないと主張しています。

人生のあらゆる問題は、
対人関係の問題である。
ーー アドラー100の言葉より --

たしかに社会問題にもなっている、いじめ問題や職場においてのセクハラ、パワハラ問題など、今注目をあびている問題は学校や会社での対人関係の問題です。また、芸能界のゴシップを賑わしている不倫や離婚問題も夫婦や恋愛関係の問題ですよね。

でも、個人的な問題ではどうでしょう。背が低い、運動神経が悪い、仕事の業績が伸びないなどは、あくまでも自分の問題です。これらの問題も対人関係の悩みと言えるのでしょうか?

個人的な悩みも対人関係の比較からおこる問題である。

個人的な問題であっても対人関係から離れて考えられません。なぜならそれは全て対人関係の比較から発生するものだからです。身長が低いと悩むのは、他者と比較して低いということです。もっときれいになりたいと思うのは世の中の美人と比較するからです。仕事ができないと悩むのは、あなたの近くに仕事が出来る人がいるからです。

なるほどと思いませんか? 目からうろこですよね。人間関係する悩みは直接的であれ、間接的であれ全ては対人関係から起因するものなのです。

無人島に1人で暮らしたら対人関係の悩みから解放される?【思考実験】

「 全ての悩みや問題が人間関係がもとになっている 」ということを検証するために一つの思考実験をしてみましょう。もし対人関係が全く存在しない世界に住んだら、全ての悩みや問題が消滅するはずです。

<無人島で一人暮らしの条件>
① 自給自足で暮らせる環境である
② 一人で生きていけるサバイバル力を持っている
③ 都会的な暮らしに未練はもっていない。

さて、上記の条件であなたが無人島で生きてくと仮定した場合には対人関係は全く存在しません。その時に果たして人は全ての悩みから解放されるでしょうか。

 

社会的な問題や悩みは?

いじめ問題やパワハラ、セクハラなどの社会問題は、無人島では全く意味はありません。まず、学校や職場という組織が存在しませんし、社会を構成する人間が自分以外だれもいないので社会的な問題や悩みは存在できません。

個人的な問題は?

身長が低いとか、美人やイケメンに生れたかったなどの個人的な悩みについてはどうでしょうか。これも比較する人間がいないので、全く気になら無くなるでしょう。美人やイケメンになりたいと思うのは異性にもてたいためです。その必要がなくなった状態では、自分の身なりについては全く鈍感になるはずです。さて、煩わしい人間関係から解放されて全ての悩みから解放されたあなたは、今、幸せでしょうか?

スポンサーリンク


結局人間は社会的動物で一人では生きられない

生命の安全と衣食住を保証されるなら、無人島の一人暮らしも、最初の1日は楽しいかもしれません。とにかく煩わしくて、悩みの多い人間関係から解放されて自然を満喫できる生活です。しかし、たぶん三日目から孤独感と寂しさで、耐えられなくなって、5日目にはどんな嫌なやつでもいいから、とにかくひとに会いたいと思うのではないでしょうか。

アメリカで行われた研究で、高額な報酬で学生アルバイトを雇って、何もない小さな暗い小部屋で外出も許されず、食料と水の供給だけで何日間孤独に耐えられるか実験したところ三日以上耐えられたものはいなかったそうです。結局、人間は人間関係の悩みや問題に苦しみながらも、決して一人では生きられない、社会的な繋がりがないと生きていけない動物なのですね。

スポンサーリンク

 - アドラー心理学, 人間関係, 心理学etc