Warning: Use of undefined constant ‘bcn_display’ - assumed '‘bcn_display’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kmerc/kazuosite.com/public_html/wp-content/plugins/header-footer/plugin.php(341) : eval()'d code on line 4

kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

ノーと言えない人が言えるための5つの思考法

   

わがままで何でも自分の主張を通そうとする厄介な人がいる一方で、いつも気兼ねして自分が嫌だと思っても「ノー」とどうしても言えない人がいます。

人付き合いでは、相手の気持ちを考えることは大切なことですが、それも度が過ぎてYesマンになってしまえば、フラストレーションが貯まる一方です。

自分に自信をもち、楽しく人生を謳歌したいのなら、ここぞと言う時にはっきり「ノー」と言える人間になる必要があります。そこで今回はノーと言えない人がノーと言えるための思考法について、考えていきたいとと思います。

スポンサーリンク


ノーと言えるための5つの思考法

ここからはノーと言えない人の心理的特徴を分析しながら、ノーと言えるための5つの思考法を紹介していきたいと思います。

「ノー」と言うことに罪悪感をもたない

ノーと言えない人がノーと言えない理由のひとつに罪悪感があります。 相手の要求を断ることで罪悪感を抱いてしまうのです。その原因は、今はやりの言葉でいえば相手に「忖度」し過ぎているのです。

それはもちろん相手からしてみれば承諾して欲しいのはやまやまですが、それはあくまでも相手の意向です。自分には自分の考えがあるはずです。それでも相手の意向を立ててしまうのはかなり思考が歪んでいます。

だから今度、罪悪感が心に入ってきたら、

この感情は歪んでいる。
なぜなら、「ノー」という言葉は肯定されるべきものだから
だから私は罪悪感をもたない。

上記のことばを暗唱して、罪悪感をはねのけましょう。

自分が自分の主人であることを自覚する

ノーと言えない人は、自分の人生を生きているのではなく他人の人生を生きているといえるでしょう。自分の想いを犠牲にして、他人の想いを優先しているのです。

はっきりと言いましょう。 「ノー」と言える自分にならない限り自分の人生をその手に取り戻すことはできません。「Yes」マンでいる限り自分が自分の主人になることは出来ないのです。

あなたはの人生の主人公はあなたであり、あなた以外の人では断じてありません。

スポンサーリンク


対人関係はWinWinの関係でいく

ここで注意したいのは、バランス感覚です。 「ノー」と言えるようになっても全てのことに「ノー」と言えば、それはわがままでしかありません。

自分の利益のみを優先して、判断するのは共存的社会で生きている私たちにとってふさわしいものではありません。人間関係はWinWinnの関係であるべきです。

主張すべきことは主張して、譲るところは譲という中道的なバランス感覚が大切なのです。

普段から自分の意見を言うようにする

「ノー」と言えないと人は、自分を主張できないという感覚が習慣化されているために、意志力だけでは難しいものがあります。だから普段から、しかも小さなことから自分の意見を言う癖をつけていくようにしましょう。

例えば友達同士で外食する時に、誰かと同じメニューにするのではなく、

「私は、今日は〇〇が食べたい気分だわ!」

と言って新しいメニューに挑戦するとか、

友達に遊びに行こうと、誘われた時に相手の言うがままになるのでなく、

「実は猫カフェに前から行きたかったんだけど、一緒に行こうよ!」

と積極的に言ってみるとか、

少しの勇気で実践できるところから自分の意見を言うようにして、自己主張する感覚を身に付けていくのです。そして、かなり慣れたところで今度は会社の会議で自分の意見を言ってみましょう。

ここまで出来たらあなたは、もう Yesマンではありません。

信頼関係は「ノー」と言う事で築かれる

信頼関係とは、お互いの本音を言い合ってこそ築けるものです。 どちらかが一方的に遠慮したり、気兼ねをしていたら相手に信用されません。

良くて表面的な関係に留まるか、悪ければ利用する者と利用される者の関係になってしまうでしょう。相手と信頼関係を結ぶには、お互いが「ノー」と言える関係を構築することが重要なのです。

スポンサーリンク


「ノー」と言える勇気をもとう

自分の主張をはっきり言ったり、ダメなものは「ノー」とはっきり話したりすることは、これまで言ってこなかった人にすれば、かなり心理的な抵抗があります。

しかし、そうやって流されていたから嫌な思いもしたり、ストレスを貯めこんできてしまったことをよく考えましょう。そして自分の人生を取り戻すために、「ノー」と言える勇気を持ちましょう。

スポンサーリンク

 - ストレス解消, 人間関係, 悩みの解決, 自分を知る