Warning: Use of undefined constant ‘bcn_display’ - assumed '‘bcn_display’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kmerc/kazuosite.com/public_html/wp-content/plugins/header-footer/plugin.php(341) : eval()'d code on line 4

kazuosite☆心理学から学ぶ人生のいろはにほへと

心理学は心の働きを分析する科学です。私たちの幸福も心の働きによって決まります。このサイトでは人生を楽しく幸せに生きるためのヒントになる心理学や哲学等の自己実現をテーマにお話しを紹介していきますね。

自分の意見を言う!説得力のある人の話し方3つの特徴

   

どこの会社の会議でも必ず1人や2人、饒舌に自分の意見を話して、自分の主張を認めさせてしまう人がいます。 こういう人が会議のイニシアチブを握り、決定に大きな影響を及ぼしていきます。

このような説得力のある人たちにはいくつもの共通点があります。 今回はその中でも代表的な共通点でもある3つの特徴を紹介します。

スポンサーリンク


1.高い観察力がある。

相手を説得するには、まず相手が何を考えているのか、何を欲しているのかを察する力が必要です。 相手の真意が分からなければどのように説得したらいいかが わかりません。

つまり第一に必要な能力は相手の気持ちを瞬時に理解する 力です。それには高い観察力が必要です。 観察力は天性の能力というよりも意識と訓練で培われるものです。そのためにも常に相手は何を考えて、何を望んでいるのかを意識して考えるようにしましょう。

2.場の空気を読むのが上手い

会議であってもプレゼンであっても、あるいはお客様との交渉であっても、その場の空気に合った会話をすることが重要です。 いくら正しい主張であっても、場の空気を誤れば失敗します。

説得力の ある人は場の空気を的確に読んで、機転の利いた発言をします。場の空気をつかんだ鋭い発言をすることで、 一気に自分のほうに流れを呼び込むことができるのです。 当然ですが場の空気をつかむためには、先程提案した高い観察力が必要になってきます。

スポンサーリンク


3.場面によって話し方を使い分ける

自分の意見を認めさせる力のある人、説得力のある人はコミニュケーション能力が高いのはもちろんですが、場面によって話し方を使い分けるテクニックがあります。

このテクニックはクライマックス法とアンチークライマックス法の2つに分けられます 。このテクニックを使うことで、大きな効果が期待できます。

 

① クライマックス法

話し方としては 、まず最初に説明をしておいて、最後に結論を述べていくという方法です 。この話し方は相手が性格的に粘り強い人や、形式にこだわりやすい人に向いています。

② アンチークライマックス法

この方法は、まず先に結論を言っておいてその後から説明を続けていくものです。 この話し方は相手が論理的で且つ合理的な考えをする人に向いています 。

一般的な対策として、相手がクライマックス法で話しかけてきたら同様にクライマックスほうで話を返して、 アンチクライマックス法で話しかけてきたら、 同様にアンチクライマックス法で話を返すことがセオリーになっています。

とにかく同じ話し方で相手に返すことがその相手に好まれる 秘訣です。シチュエーションとしては、相手がこちらに興味を示している場合は、説明から入り徐々に興味を募らせておいて最後に結論をドンと出すクライマックス法で、

逆に相手が話す内容に全く興味を示していない場合は、結論からドンと先に持ってくる アンチクライマックス法が適していると言われています。 この2つの会話方法は、場面によって効果的に使えれば大きな効果が期待できますので、この際ぜひ覚えておきましょう 。

この記事のまとめ

<自分の意見を言う!説得力のある人の話し方3つの特徴>

1.高い観察力がある。
2.場の空気を読むのが上手い。
3.場面によって話し方を使い分ける。
  ①クライマックス法
  ② アンチークライマックス法

スポンサーリンク

 - 心理学etc, 悩みの解決